TERMS OF SERVICE
私塾「日本の現場」参加規約

1.私塾「日本の現場」参加上の注意事項

  • 私塾「日本の現場」とは「ホンモノ」とつるんで、人生の突破力を身につける私塾です。メンバーとは、本私塾に特定の講座の参加申込を行い、本私塾が参加を承認した者を言います。申込は参加費の全額支払いをもって初めて完了し、この時点でメンバーとして参加資格を有するものとします。
  • この私塾には、「教える人」「教わる人」の区別は存在しません。自分は教わる立場と決めた瞬間、受動的で消費的な学びしか得られません。ホンモノはもちろん、仲間である同期生とも学び合う中から、主体的かつ生産的に壁突破のヒントを掴んでください。このような学びの姿勢を以て参加することを、メンバーの参加資格の条件とし、その姿勢が認められないと本校事務局(以下、事務局)が判断した場合には、参加の継続をお断りすることがあります。
  • 参加資格はメンバー本人にのみ帰属し、その権利を他人に譲渡することはできません。
  • 講義の録音、録画はご遠慮ください。
  • メンバーが下記の項目に該当するとき、参加資格を取り消す場合があります。
    1. 申込に虚偽のあった場合
    2. 参加費を一部でも支払わなかった場合
    3. 本私塾の運営を妨害した場合
    4. 他のメンバーの参加や活動を妨げたり、損害を与えたりした場合
    5. その他、本私塾の理念、趣旨に反し、またはこれにそぐわない行動をはじめとして、メンバーとして不適当と本校が判断した場合
  • 参加に際しては、Facebook上でのコミュニケーションを補助ツールとして使用する為、Facebookの個人アカウントが必要です(現在、取得されていない方は、ご自身でアカウント作成をお願いします)。
  • 参加に際し、事務局に氏名・住所・勤務先・電子メールアドレス等個人情報の提供を求める場合がございます。電子メールアドレスは、法人管理のメールアドレスの場合、セキュリティの関係上、添付ファイルなどをお送り出来ない可能性がありますので、なるべく所属している法人管理のものではなく、個人管理のメールアドレスをご提供ください。
  • メンバーは、住所、電話番号、電子メールアドレスなどの連絡先に変更が生じた場合には、速やかに変更内容を事務局宛に御連絡ください。事務局は変更の届出がない限り、参加申込時に届出のあった連絡先に連絡をとるものとします。
  • 以上の条件を満たされた方の参加であることを確認するため、開講前に志望動機と経歴をご記入いただき応募書類選考の上、参加承認の判断をさせていただきます。

2.参加費のお支払い・キャンセル

  • お申込みは、事務局から参加承認のご連絡後1週間以内の参加費全額のお支払いをもって完了といたします。
  • 参加費のお支払い方法は、本私塾指定の銀行講座に振り込みとします。参加費のお支払いに伴う手数料等はメンバーにてご負担ください。
  • 参加費の分割払いは受け付けておりません。
  • 参加費お支払い後、キャンセルについてはやむを得ない場合を除き返金できませんので、ご了承ください。

3.損害賠償

  • 本私塾は講座運営に際し、発生したメンバーの損害に対して、本私塾に故意または過失がある場合に限り責任を負います。本私塾が責任を負う場合の損害賠償額は、既に支払われた参加費金額を上限とします。
  • メンバーが本参加規約に反した行為または不正もしくは違法な行為によって本私塾あるいは他のメンバーに損害を与えた場合、本私塾あるいは他のメンバーは当該メンバーに対して損害賠償の請求を行うことができるものとします。その際、本私塾がメンバーの参加資格を取り消したことにつき、本私塾は事由のいかんを問わず一切の損害賠償義務及び参加料返還義務を負わないものとします。

4.休講・補講・ツアー中止

  • 地震等の天災地変、講師の不測の事故・病気等により、やむを得ず休講及びツアー中止をする場合があります。
  • 休講、ツアー中止の場合、原則、補講、ツアー延期を行うこととします。
  • 事務局からの緊急連絡はメールで行いますので、電子メールアドレスを変更された場合は速やかにご連絡ください。

5.修了基準

  • 本私塾は「基礎講座」「本講座」「スタディツアー」全参加をもって修了とします。修了した方のみ以下の会に参加できます。
  • 本私塾を修了すると、OBOGコミュニティ・つくり手の会に参加できます。ホンモノがその現場で始める「プロジェクト」に参加することも、仲間と一緒に事務局承認のもと「部活」を立ち上げることもできます。
  • 「本講座」「スタディツアー」は「基礎講座」を全講座参加修了者のみ参加を認めます。

6.個人情報の取り扱い

  • 本私塾は、事務局、本私塾が指定したスタッフ、及び講師等に対し、運営に必要な情報として、メンバー情報として個人の氏名等の個人情報を通知します。
  • メンバーは参加時に他のメンバーの個人情報やプライバシーに関わる情報を取得する場合があります。メンバー及び講師等は細心の注意を以て個人情報の取り扱いを行い、万が一、情報の漏えいによって損害が発生した場合には、当該メンバー、ないし講師等が全責任を負うものとします。
  • 本私塾は運営・提供に必要と判断した場合に、メンバーに断りなしに外部のサービスを利用することがあり、運営に必要と判断した場合、メンバー情報として個人の氏名等の個人情報を通知することがあります。
  • 講座内で記録、プロモーション、公式アカウントによるSNS配信等の用途で写真撮影を行うことがあります。問題がある方につきましては事前にご申告ください。またメンバーが自ら撮影した写真や映像をSNS等で利用する際には、他のメンバーのプライバシーを侵害したり、傷つけたりすることのないよう十分ご配慮ください。
  • メンバー間における個人情報に係るトラブルにつき本校は一切関知しないものとします。

7.知的財産権の侵害の禁止

  • メンバーは、本私塾修了後においても、本講座で使用された教材や講座内容・動画に関する全ての知的財産権が本私塾並びに登壇講師、参照引用元を記載しているものにおいてはその参照引用元に帰属していることを承知し、本私塾並びに講師、参照引用元の権利を侵害しないことをお約束いただきます。
  • 本私塾の教材等は、メンバー本人のみが使用することができ、他者(単独であるか複数であるかを問わない。また、メンバーであるか否かを問わない。以下同様)に使用させること、譲渡すること等は、一切できません。
  • メンバーは、善良なる管理者の注意を払って、本私塾の教材等の紛失・盗難等を防止しなければなりません。

8.倫理規程

  • メンバーは以下のような行為をしないよう遵守をお願いいたします。
    1. 法令、定款、関係規約等に違反する行為
    2. 本私塾の理念、趣旨に反し、またはこれにそぐわない言動
    3. セクシャル・ハラスメント、パワー・ハラスメント、人種・ジェンダー・地位・障害・思想や宗教などによる差別的言動、暴言、暴力など、基本的人権尊重の精神に反する言動(これには暴力的なコミュニケーションも含む)
    4. 他者の知的財産権、著作権を尊重せず、侵害する行為
    5. 法令等に基づく守秘義務を全うするため、本私塾への参加において知り得た個人の秘密情報の、本人の同意を得ない開示。
    6. 個人及び本私塾の名誉を毀損し、またはプライバシーを侵害する言動
    7. 資産形成などを目的とした勧誘者と被勧誘者との間で利害が対立するおそれのある、マルチ商法(連鎖販売取引)、ねずみ講などを含む事業商法への勧誘
    8. 不倫、愛人関係、隷属関係など、風紀・秩序を乱し、人間関係の破綻に結び付くような、本私塾の運営に具体的な影響を与える行為
    9. 本私塾の運営に影響を与えるような利益相反行為
    10. 上記の各項目を推奨あるいは誘導するような行為
    11. その他前各号に準ずる程度の不適当な行為
  • メンバーが上記遵守事項に違反した場合は、参加資格の取消し、文書による戒告、口頭による注意、その他必要に応じた処分の対象となる場合があります。

9.本規約について

  • 本規約の内容は事前に告知することなく変更されることがあります。その際にはホームページ上にて常に最新版をご参照いただけるものとします。

令和4年4月1日
私塾 日本の現場

注)本規約に記載のある、本校が利用しているオンラインサービスは下記の通りです。
記載上、各サービス名に商標権表示はしておりませんが、それぞれの運営会社に商標等の権利があります。